2012年8月 のアーカイブ

まだま村のスライドショー

2012年8月24日 金曜日

昨日に行った「まだま村」のスライドショーが出来ましたので、以下に紹介します。よろしかったらご覧ください。古いPCでホームページビルダー10世代前のV6で作成しましたので、画像不鮮明ですがよろしくお願いします。

     まだま村スライドショー(2012・08.23)

茨木市の「まだま村」に行きました

2012年8月22日 水曜日

茨木市忍頂寺の「まだま村」に行きました。ここに行くには、茨木市中心部から20分ほど自動車で山間の土地を上っていき、山奥に行くとキリシタン博物館がありますので、右折れせずに、そのままちょっと向こうに行きます。すると、左に駐車場へ行く下り坂があり、田舎の一軒家が現れます。

 

  部屋に入ると、そこは、薄暗くて空気がひんやりしていますのでクーラーはなくて扇風機が回っています。屋内には、天井に大きな梁があり、柱は竪穴式住居で、屋根は茅葺きです。室内はいろんな書画や葉書、壷などがかざってありました。落ち着いた雰囲気で、平日の午後であるにもかかわらず、若いカップルや夫婦、若い女性・熟年女性のグループ、私どものような老年夫婦が何組か、田舎ののんびりした20世紀後半の昭和時代のノスタルジアに浸っているようでした。

そこは喫茶店でしたので、私たちはブルーベリーのチーズケーキとココナッツミルクを注文しました。これは、30年前に新婚旅行でハワイにいったときに飲んだ味です。そのとき、アメリカ人の学生アルバイトが、”If you drink it,gerigeri”とギャグを飛ばしていたのを思い出しました。すなわち、ココナッツミルクを飲んだら下痢するよ!と言いたかったのでした。大変香ばしい味がして、飲んだときは気持ちよかったのですが、やはり、30年前の暗示にかかってしまったらしく、帰宅後、予想通り夢の超特急でした。(笑)

 

今日の晩は回転寿司屋「喜楽」へ行きました

2012年8月22日 水曜日

PAP_0156 PAP_0158

今晩は、京都長岡京の回転すし屋の「喜楽」に行きました。店内は夏休みですので、子供連れが多かったですが、私どものように老夫婦の2人連れもいました。回転寿司ですから勝手に取って食べればいいのですが、やはりそこは手順があって液晶パネルで気にいったメニューをタッチして注文すると、新幹線の形をした長いお皿がレーンを超特急で運んでくる趣向で耳目を楽しませてくれます。店内に流れる音楽は、JRや阪急電車のアナウンスのときに流れるオルゴールの音色です。あたかも列車に乗って旅行するかのような気分にひたれます。 

 私どもは、天下り御仁とか運良く63歳までの定年延長の嘱託様などの結構なご身分の立場になれた者ではございませんで、倹しい年金生活者ですので贅沢は全くできませんから、もちろんすべて2貫1皿で105円の格安品です。でも、それだけではお腹が膨らみませんので、かけうどんを注文しました。1杯158円です。まぐろ、鉄火巻き、えび、いか、はまち、たこ、びんとろ、あなごなどでしめて2人で1305円でした。1人あたり653円です。これが、私ども夫婦のささやかで精一杯の贅沢です。

ホームセンターへ買い物に

2012年8月16日 木曜日

昨日は、ホームセンターに買い物に行きました。お盆休みということもあり、多くの客でごった返していました。私たちは、収納ラックをさがしました。金属製のパイプと戸棚が3つついているもので29インチのテレビが入るものです。そういったものは、家にはあるのですが、わずか数センチ短くて使えないのです。目的の品物は1980円で非常に安価でした。あとは、自動車の背もたれで金属製の網目の入ったものです。やわらかくてクッションになって、運転がしやすいのです。それと、マジックペン状のペンキを購入しました。これは、床の部屋の敷居の塗装がはげているので、茶色のペンキを1本買いました。

家に帰ってから、私は1回目の塗装をしましたが、妻があと4回重ね塗りをしましたので、見違えるほどきれいになりました。

あとは、ジャスコですしを買って食べました。

IMGP2303