バスツアー

6月29日(月)に私の地元の某団体の主催でバスツアーが開催されました。私もこの団体の会員でしたので、このツアーの企画(見学の目的および内容の検討)や案内チラシなどを作成を行いました。当日は、どうしても休めない他の仕事が重なっていましたので参加はできませんでしたが、参考までに、他の会員が撮影した写真を織り交ぜてご紹介したいと思います。
さかい利晶の杜は与謝野晶子と千利休を通じて堺を体験することができるミュージアムです。「与謝野晶子記念館」では、『みだれ髪』にはじまる多くの詩歌集や『源氏物語』の現代語訳を発表し、社会問題・教育問題に関わる評論活動を行った与謝野晶子の、その業績や生き方について学ぶことができます。
img20150827114548483
「千利休茶の湯観」では、利休と秀吉とのつながりや、利休によって革新・大成された茶の湯の歴史を知ることができます。また、茶の湯体験「立札呈茶(りゅうていていちゃ)では表千家のお手前で、抹茶とお茶を戴く体験ができます。

img20150827114635296

次の見学地は、「ふーどばんくOSAKA」です。ふーどばんくOSAKAは、まだ安全に食べることができるにもかかわらず、商品として流通できなくなった食品の寄贈を無償で受け、食べ物に困っている人や施設などに無償で配布する活動を行っています。日本では年間500万~800万トンもの食品が捨てられています。これは、米の年間収穫量に匹敵するとのことで衝撃的です。食品の廃棄を少しでも減らすことができるように、意識して生活したいものです。今回のバスツアーは、天候にも恵まれ、絶好のツアー日和。実り多いプチ旅行となり、参加者同士の親睦も深まり充実した一日だったそうです。 

img20150827114802880

コメントをどうぞ